カードローンのしくみ

カードローンの審査の難易度について


カードローン 審査 難易度 カードローンを利用してお金を借りる際には
カードローンの会社の審査に通らなければなりません。

このカードローンの審査には、それぞれの会社での審査基準というものがあり、こうすればカードローンの審査には必ず通るということはないようです。またこの審査は一般に公開されておらず、何で審査に通過しなかったのかなどということはまったくわからないのが現状です。

しかしカードローンの審査の難易度というのは、
そう簡単には比較することはできないというのが現状ですが、
単純に考えて貸付金利によって難易度が変わってくるというのが感じとれます。

だって、結局はカードローンもお金を貸すわけです。
ということはそれなりの信用度(社会的など)がなければ、
返ってこないお金になる可能性もあるかもしれないので、
カードローン会社としてはそれなりの審査をする必要があると思うのです。

しかしこの審査基準というものがまったくわからないというわけではなく
多くの所では「借入金総額」よりも「他社借入件数」に重点を置いているようです。

たとえば、3社で70万円借りているより
1社で100万円借りている方が審査に通りやすいというわけです。
しかしこれは本当かどうかわからないことですので、
実際にカードローン会社の審査を受けてみることをおすすめします。
<スポンサードリンク>


カードローンについて

カードローンとよく聞くけど、
いったいカードローンとは何なのだろうか?

一般的に言われるカードローンとは
銀行などの金融機関が利用者にカードを発行し、
借りる側の支払い能力に応じて設定した貸出枠の範囲(審査)で
金融機関から発行されたカードを用いて
現金をCD・ATMでお金を貸し付けるものです。

カードローンのカードは金融機関によって異なりますが、
総合口座のキャッシュカードと一体のものもあれば、
キャッシュカードとは別に専用のカードが発行されるものもあります。

カードローンの担保は?

カードローン カードローンで貸し出される個人向けのものの場合、
担保を必要としない無担保型と、
不動産や有価証券などを担保とする有担保型があります。
いずれの場合でも用途、すなわちお金の使い道に関しては自由ですが、
事業用の用途として使うことはできないとされています。

一般的に言われている個人向けのカードローンは、
金融機関が指定する者(以下「保証会社」)が保証を行う為、保証人は不要であることが大部分です。
もしカードローンの返済の延滞や貸倒が発生したときは、
保証会社が金融機関へ代位弁済し、保証会社が債務者へ債権回収する事となります。

どういうことかというと
保証会社が消費者金融である場合は、
カードローンを延滞して保証会社が金融機関へ代位弁済した場合、
保証会社である消費者金融から直接借りて延滞したものと同じということになります。

カードローンの返済方法は

カードローンの返済方法は、多くの場合リボルビング払で完済(借入残高が0円)となるまで、
毎月の約定返済日に口座自動振替で返済していく形となりますが、
資金に余裕が有ればATMで直接カードローン口座へ入金したり、
リモートバンキングで自名義の普通預金等から振替することも可能です。

<スポンサードリンク>