キャッシングにおける保証人や担保

キャッシングキャッシングを利用する時は、原則的に担保、保証人の必要はありません。
一般的な銀行での融資とは違い、基本的に無担保で、利用者の確認と信用情報に応じてスピーディな貸付を行なう融資をキャッシングと呼ばれます。
利息は利用日数により計算され、借入から返済までの利用期間が短ければ利息も少なくて済むという仕組みになっています。基本的にカード発行の手数料やカードの年会費は必要ありません。

ただし、高額なキャッシング(事業者ローンなど)の場合、利率の低い目的別ローンなど、キャッシングの種類や融資額、プランの違いによっては保証人や担保を求められることもあります。