キャッシング(消費者金融)とは

キャッシング、消費者金融(しょうひしゃきんゆう)とは、貸金業のうち、消費者へのお金の貸付け、又はこれを行う業者のことをいいます。一般的な銀行での融資とは異なり、基本的に無担保で利用者の確認と信用情報に応じてスピーディな貸付を行なう融資をキャッシングといいます。

利息は利用日数により計算され、借入から返済までの利用期間が短ければ短いほど利息も少なくて済むという仕組みになっています。

基本的にカード発行の手数料やカードの年会費は必要ありません。

出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律に基づく範囲内の金利で貸し付けるもの(最高年利29.2%、ただし閏年は最高年利29.28%。)と、これ以上の金利で貸し付けるもの(いわゆる闇金融)とがあります。

ただし利息制限法では、貸金元本が10万円以上100万円未満であれば年利18%が上限とされていて、利息制限法を守るように指導されています。

簡単に言うと金融機関が個人に対して行う、現金自動支払機による小口金融のことといえます。

また消費者金融は預金を預からない金融機関、ノンバンクとも呼ばれています。
昔、よくいわれたサラリーマン金融で知られる金融会社です。
特徴としては、「金利は高いが簡単・即日で利用できる」点で、急な出費時等には非常に便利です。申込時に利用限度額を決めて、いつでもキャッシュディスペンサ(現金自動支払機)、ATMからカードで借入・返済することが可能であります。

日々生活していると、どうしても急にお金が必要になりますよね。そんな時、あなたの信用を担保としてお金を貸してくれるサービスのことです。原則として物の担保や保証人は必要ありません。

キャッシング(消費者金融)のサービスの特徴は以下のようになります。

・迅速に融資判断してくれる
・必要に応じて柔軟に借入や返済ができる
・多様な申し込み方法、返済方法がある

最近では消費者金融業界イメージも変わってきて、高齢の方から20代、30代の若い女性等にも親しまれて、利息もグッと下がってきています。テレビのコマーシャルや電車の広告などを見て、よくご存知だと思います。