キャッシング利息について

キャッシング利息利息について

キャッシング金利キャッシング会社を選ぶときに金利のチェックは重要です。
ただ、キャッシングの利息計算方法を知らない方が多いように思います。 利息計算は、今現在残っている残高に対して利息がつきます。少々、難しく感じるかも知れませんが、そうでもありません。

まず、利息を計算するときにはいくつかのルールがあります。ひとつは元金にしか利息はかからないといいうことです。利息が高いといって利息に利息がつくと思っている方がいますが、そんなことをすると法律違反になってしまいます。
利息に利息を付けるというのは重利といって、貸金業では禁止されています。利息がどんなに高くても元金にしか利息を付けることはできません。

次に、利息は利用した日数分にしか、かかりません。例えば、予定よりも早く完済したりするとその分利息負担は少なくなります。これも契約したときに毎月1万円を12回払う契約になっているからといって、途中で完済してもその残り全部を支払わなければならないと思っているのです。
いくら契約書が1万円の12回払いだからといってその全部を払う必要はなく、あくまで利用した日数分のみの利息しか金融会社はとれませんので、途中で完済した場合、早ければ早い程、負担する利息は少なくなります。


キャッシング利息キャッシング利息の計算

キャッシングを利用するときに一番気になるのが利息です。
お金を借りるときには実質年率が何%ということは気にしますが、実際にいくら利息を払うのかを考えない人が多いのです。そこで、基本的な利息の計算方法について説明します。

どんな金融機関の利息計算も基本的には同じ公式で計算されています。
利息計算は下記の公式に基づいて行なわれます。

元金 × 利率 × 利用日数 ÷ 365日 = 利息


--------------------------------------------------------------------------------

利息の例1

実質年率29.20%の利率で30万円を借りて10日後に一括返済したときにかかる利息はいくら?
300,000円×29.20%×10日÷365日=2,400円
となり、2,400円の利息となります。

利息の例2

利息は1日単位で計算されるので、1日だけ借りて返せば利息も1日分だけとなります。
10万円を1日で返済すると、利息は80円(100,000円×0.292÷365×1日)となります。
銀行のATMの手数料(105円~)よりも安くすむ計算です。

ちなみに、消費者金融の利息(年利率)は法律で29.2%が上限と決められています。これ以上高い利率になることは無いので安心してください。


キャッシング利息OMCカードの7日間無利息キャッシングキャッシング利息